Mission

ビジネスの力で「世界一」虐待問題を解決する

「家の電気をつけてはいけない」
「テストで95点以下を取ったら家を出て行かないといけない」
「タメ語禁止」
「毎日強制マッサージ1時間」

これは代表の岡本が中学生時代に叔父から
強いられていたルールです。
そして岡本の妹は児童養護施設出身であり
弟は今も児童養護施設にいます。
原因は実の母の虐待。
このような背景からずっと虐待問題には関心がありました。
そして2019年9月。
これまでやってきた新卒採用事業を撤退して
虐待問題をビジネスの力で解決すると決断しました。
国や行政にできない
株式会社だからこその価値を作ります。